神戸メンタルサービス

心理学講座、ワークショップ、カウンセラー養成スクールの神戸メンタルサービスのブログです。 オンライン(ZOOM)で心理学講座を開催中!

タグ:平準司

出会う人は、自分を見せてくれる<鏡>。さあ、今日の私の鏡は誰かな?何かな? <平準司の自己解説>だれかと出会ったとき、人は必ずその相手を自分のフィルターを通して見ます。人生で出会う人は、あなたを愛したいと思っている人か、あなたが愛してあげなければいけない…
>>続きを読む

親は自分に毒があると思うと、愛する子どもを一番遠くに置くことになります。<平準司の自己解説>「自分は毒である」という自己概念があると、大切な人は自分から遠ざけようとするものです。自分の毒で毒したくないと思うからです。   昔、結核は不治の病といわれていま…
>>続きを読む

パパとママが大人同士としての幸せの見本を見せないので、子どもはずっと子どものままです。<平準司の自己解説>パパとママが犠牲をしていたり、「人生はこんなにもたいへんだ」というネガティブな見本になっていたりすると、子どもたちは「いつまでも子どものままでいたい…
>>続きを読む

深刻にならないでください。 <平準司の自己解説>どんな状況にあっても、どのような角度から見るかによって、それを深刻なものにすることも、笑い話にすることもできます。深刻さのワナにはまっているとき、私たちは「だれも私を助けてくれない。ぜんぶ一人で背負い込まな…
>>続きを読む

心配じゃなくて、信頼を送るんですよ。 <平準司の自己解説>心配しているとき、人は間違いなく相手の欠点や悪いところばかり見ています。 それに対し、信頼するということは、相手のよいところを見ているということです。   とくに親子関係では、親は子どもの欠点ばか…
>>続きを読む

みんながあなたに感謝していることを思い知る必要がある。<平準司の自己解説>多くの人は、人に「ありがとう」と言うことよりも、人からの「ありがとう」を受け取ることが苦手です。そして、人からの「ありがとう」を拒絶すればするほど、あなたの人生はややこしくなってい…
>>続きを読む

「ごめん」で済む。<平準司の自己解説>「ごめんですんだら、警察いらんわ!」。子どものころ、親御さんからこんなふうに怒られたことがあるかもしれませんが、実際はほとんどのことが「ごめん」ですみます。ですから、あやまり上手になってください。「あやまっても、許し…
>>続きを読む

出会う人は、自分を見せてくれる<鏡>。さあ、今日の私の鏡は誰かな?何かな?by なるママさん「ヒーリングワーク」のように多くの人が参加して行うグループセラピーは、まわりの人が鏡となっていろいろな自分を見せてくれます。…
>>続きを読む