神戸メンタルサービス

心理学講座、ワークショップ、カウンセラー養成スクールの神戸メンタルサービスのブログです。 オンライン(ZOOM)で心理学講座を開催中!

カテゴリ: 平の名言

"人は、いい自分を、誰かに見つけてもらいたいのです。わかってほしいのです。 ならば、あなたの方から。見つけてあげたい人が、ホラ、すぐそこに! "<平準司の自己解説>“自尊感情”というのですが、私たちは「だれかの役に立ちたい」と思っています。また、自分の素晴ら…
>>続きを読む

祈りの効果は、すべての宗教の2000年の歴史が証明しています。科学的証明はないけれどね……。<平準司の自己解説>「祈りって、効くんですか?」30年前、うちの師匠にこう質問した私。「人類は、役に立たないことを何千年もやりつづけるほどバカなのかな?」これが師匠…
>>続きを読む

弱い人間ほど、強がる、偉そうにする、自慢する、つまり、突っ張るのです。<平準司の自己解説>弱さを隠すためにすることのすべては強さとはいえません。真実の強さとは、弱さの中に入れるほど強いことをいいます。つまり、弱い自分を人に見せたり、表現したりすることがで…
>>続きを読む

出会う人は、自分を見せてくれる<鏡>。さあ、今日の私の鏡は誰かな?何かな? <平準司の自己解説>だれかと出会ったとき、人は必ずその相手を自分のフィルターを通して見ます。人生で出会う人は、あなたを愛したいと思っている人か、あなたが愛してあげなければいけない…
>>続きを読む

親は自分に毒があると思うと、愛する子どもを一番遠くに置くことになります。<平準司の自己解説>「自分は毒である」という自己概念があると、大切な人は自分から遠ざけようとするものです。自分の毒で毒したくないと思うからです。   昔、結核は不治の病といわれていま…
>>続きを読む

月曜日は全国一斉にサラリーマンの大嫌いな日。サラリーマンは日曜日の夜からしんどいのです。<平準司の自己解説>「ああ、もう休みが終わっちゃったなぁ‥‥」   会社勤めの人なら一度は経験したことがあるかと思いますが、サラリーマンやOLは日曜の夜から憂うつになる…
>>続きを読む

感情は、たまれば爆発します。そして、「そんなことはしたくないこと」をしてしまうのです。<平準司の自己解説>あなたは怒りたくないので、たくさんのガマンをしてきましたよね。しかし、ガマンばかりしていると感情はたまりにたまり、最後は怒りという形で大爆発すること…
>>続きを読む

パパとママが大人同士としての幸せの見本を見せないので、子どもはずっと子どものままです。<平準司の自己解説>パパとママが犠牲をしていたり、「人生はこんなにもたいへんだ」というネガティブな見本になっていたりすると、子どもたちは「いつまでも子どものままでいたい…
>>続きを読む

深刻にならないでください。 <平準司の自己解説>どんな状況にあっても、どのような角度から見るかによって、それを深刻なものにすることも、笑い話にすることもできます。深刻さのワナにはまっているとき、私たちは「だれも私を助けてくれない。ぜんぶ一人で背負い込まな…
>>続きを読む

この世に他人なんか おらへんねん。<平準司の自己解説>マザー・テレサさん曰く、「愛の対極は、無関心」。あなたが人にどれだけの関心をもつかによって、その人との関係性に家族以上の絆をつくることも可能です。あなたのいちばんの友人を思い起こしてください。その人は他…
>>続きを読む